友人のお店

友人のお店

私の友人にブリザードフラワーのお店をしている友人がいます。

友人のお店は、正確に言えば、ブリザードフラワーの販売と教室、そして雑貨なども販売もしているお店です。

お店を始めてもう5年くらいになるのではないでしょうか。

友人は、お店を始める前は長くお花屋さんに勤めていました。

そこで、お花やブリザードフラワーの勉強をして、講師の資格などを取ったのだそうです。

そして、市の支援を受けることができる制度に申し込みをして自分のお店を出しました。

その友人とは、たまに会って飲み行ったりしています。

つい最近、友人は1人でお店をしているので、なんでも1人で決めなければいけないところに孤独を感じ始めてきたと言っていました。

友人のお店では、以前、アルバイトを雇っていたこともあったのだそうです。

アルバイトの人が来ていた頃は、まだ誰かがいるということで少しは気が楽だったと友人は言っていました。

いろいろと苦労があるんだなと思ったものです。

私は、友人のお店に何度か行ったことがあるのですが、友人のお店は、趣味が良いかわいいお店です。

ブリザードフラワーを使ったブーケや飾りもとてもかわいかったです。

雑貨は自分で買いつけに行っているのだそうですが、どれも欲しくなるようなものばかりでした。

傍から見ると上手くいっていて、楽しく仕事をしているように見えたのですが、やはり経営者になると心配事も多く、いろいろと苦労もあるのでしょうね。

その友人が、お店のホームページを開設したという連絡をくれました。

さっそく見てみようと思いお店の名前で検索をしてみるとすぐにホームページを見つけることができました。

見た感想としては、かわいくてお洒落なホームページだなと思いました。

友人が注文を受けて作った商品の写真などもアップされていましたが、センスが良く、とても素敵でした。

インターネットでの販売も始めたようです。

悩みながらも新しいことをどんどん始めている友人はすごいなと思いました。

これだけ友人が頑張っている姿を見ると、自分も頑張らなければいけないなと思いました。

良い刺激を受けました。

友人のお店がこれからどんどん良くなっていけばいいなと思います。

婚活パーティー 名古屋

新聞に載った恵比寿さま

私の実家のお店の前に恵比寿さまの像があります。

家が建てたわけではなく、家のものでもありません。

以前からそこにあったのだそうです。

佐賀県は、他県に比べて恵比寿さまの像が多いのだそうです。

言われてみれば、街のあちこちに恵比寿さまの像があります。

意識して見ることがなかったので、あまり気づかなかったのですが、意識してみると結構な数の恵比寿さまの像があるものだなと思いました。

この家の前の恵比寿さまの像のことが先日新聞に掲載されました。

取材があったことは父から聞いていました。

読売新聞に掲載されるということで、家も読売新聞をとっていたので掲載される日を楽しみにしていました。

でも、父から話しを聞いたのはだいぶ前のことだったので、掲載されるかもしれないということはすっかり忘れていました。

そして先日新聞を見ているときにその記事を見つけたのです。

記事を見て「あ~そう言えば」と思い出しました。

その記事は、佐賀に恵比寿さまの像が多いことと、その由来のようなことが紹介されている記事でした。

記事には、家のお店の前にある恵比寿さまの像が大きく載っていました。

家のお店の前の恵比寿さまの像は、以前、夜中に誰かがイタズラをして頭が割られてしまったという事件がありました。

頭が割られたえびすさまは痛々しく見えたことを今でもよく覚えています。

割れた頭のままでは恵比寿さまがかわいそうだということで、母が帽子を作り恵比寿さまに被せました。

心のない人がいるものです。

イタズラをした人にはバチがあたればいいのにと思いました。

そのことも記事に書かれていました。

また、この恵比寿さまの胸のあたりを触るといいことがある、という噂が広まり、最近では胸を触っていく人も多いのだそうです。

いつもの見慣れた恵比寿さまの像だったのですが、写真で見るといつも以上に立派に見えました。

この恵比寿さまの像は、何度も言うようですが、家のものではありません。

でも、生まれたときからお店の前にあるので、もう家族のようなものです。

恵比寿さまは私達やお店を守ってくれているような感じがします。

これからも大事にしていきたいなと思います。